生産性向上・便利グッズ

銅製タングスクレーパー|アーユルヴェーダの舌磨きで朝からデトックス

2020年9月22日

銅製タングスクレーパー|アーユルヴェーダの舌磨きで朝からデトックス

sappi夫
こんにちは、sappi夫です。最近は徐々に涼しくなってきて過ごしやすくなってきましたね。

朝の健康習慣として効果的な「舌磨き」というものをご存知ですか?

数ヶ月前からやるようになったのですが、これが意外に良いです!
なので、今回は『銅製タングスレーパー(舌磨きクリーナー)』に関してご紹介したいと思います。

 

銅製タングスレーパー|柴咲コウさんもやっている毎朝のアーユルヴェーダの舌磨き

コロナの自粛期間中に家でYoutubeを見ることが多くなったのですが、色んな人がモーニングルーティンの動画をアップしていたので色々と見ていました。

そんな中で、柴咲コウさんのモーニングルーティンで、朝の欠かせない9のことの1つとして「アーユルヴェーダの舌磨き」が出てきて気になったので、『銅製タングスレーパー(舌磨きクリーナー)』を購入してみました!

ちなみに、Youtubeでモーニングルーティンを見るのは面白いですよね。

マコなり社長の生産性を徹底的に意識した『【究極】生産性を極めた人間の「モーニングルーティン」』とか、
ROLAさんの凡人には真似できない優雅すぎる『ローラのモーニングルーティン❤️【Rola's Morning Routine】』とか
が面白かったのでオススメです!

銅製タングスレーパー|アーユルヴェーダの舌磨きの効果

銅製タングスレーパー|アーユルヴェーダの舌磨きの効果

インドの伝統医学である「アーユルヴェーダ」では、体の中に残留した食べ物が寝ている間に舌に現れるという考えがあるそうで、それを掃除するためにタングスレーパー(舌磨きクリーナー)が誕生したそうです。

実際に、人は眠っている間には唾液が少なくなり、口内の最近が爆発的に増加し、老廃物も溜まるので、起床時には口腔内の細菌数はすごいことになるそうです。

そんなわけで『銅製タングスレーパー(舌磨きクリーナー)』を購入して、実際に舌磨きを始めてみたのですが、まずは舌磨きの効果に関して、ご紹介しておきます。

舌磨きの効果

・寝ている間に舌の上に現れた舌苔を取り除くことができる
・唾液の分泌がしやすくなり、消化力が向上する
・味覚も高まる
・口臭予防にもなる
・虫歯の予防にもなる
・舌の色がきれいになる

舌磨きをすることで、舌の上にある汚れ(舌苔)を除去することが出来るので、そのおかげで舌の本来持つ性質(唾液分泌や味覚)が高まり、汚れによる悪影響(口臭・虫歯)の防止にも繋がるわけですね。

銅製タングスレーパー|アーユルヴェーダの舌磨きのやり方

銅製タングスレーパー|アーユルヴェーダの舌磨きのやり方

『銅製タングスレーパー(舌磨きクリーナー)』を使って実際に舌磨きをやる方法を簡単に記載しておきます。

銅製タングスレーパーを使った舌磨きのやり方

①朝起きたら出来るだけすぐにやる
②銅製タングスレーパーの両端を手で持つ
③舌を「べー」っと出す😝
④銅製タングスレーパーのU字部分を使って舌の奥側から手前に向かって舌の汚れを優しく引き出す
⑤2〜3回くらい繰り返す
⑥やり終わったら口をゆすぐ
⑦出来れば舌磨きを終えてから白湯を飲む

こんな感じで舌磨きをするのがオススメです。

気をつけたほうが良いのは、銅製タングスレーパーで舌の汚れを引き出す際に、優しく舌の上を滑らせることです。
強くやりすぎると舌を傷つけてしまって逆効果にもなりうるので気をつけましょう!

あとは、出来る限り朝一番にやるのがオススメです。
寝ている間に下に溜まった舌苔を除去するのが目的なので、朝食を食べたりする前にやるのが良いと思います。

銅製タングスレーパー|アーユルヴェーダの舌磨きをやってみた感想

銅製タングスレーパー|アーユルヴェーダの舌磨きをやってみた感想

『銅製タングスレーパー(舌磨きクリーナー)』を使って実際に舌磨きをしてみた感想をお伝えしたいと思います。

銅製タングスレーパーで舌磨きした感想①|舌がキレイだと一日の始まりが快適!目覚めにも繋がる!

非常にシンプルですが、朝一番に舌磨きをすることで舌がキレイになった感覚を味わうことが出来るのが快適です。

実際に舌磨きをやってみるとわかるのですが、舌磨きをすると白っぽい舌苔が取れるのが目に見えてわかるので、「舌がキレイになった!」という感覚を得ることが出来ます。

舌磨きをして舌をキレイにすることで目が覚める効果もあるので、オススメです!

銅製タングスレーパーで舌磨きした感想②|銅製の部分の舌触りが気持ち良いし、手入れが簡単

個人的な感想かもしれませんが、舌磨きをする際に銅製タングスレーパーのU字の部分を下に押し当てるのがなんだか気持ち良い感じがします。

銅の少し冷たい感じと舌触りが良いのだと思います。毎日行うことなので触感とかも大事ですよね。

あとは、銅製なので基本的には壊れにくいですし、使った後は水洗いをしてタオルで拭くだけでOKなので手入れも簡単です。

銅製タングスレーパーで舌磨きした感想③|毎朝やらないと逆に気持ち悪い感じになり習慣化

舌磨きを一度やり始めてからは、「毎朝やらないとなんだか気持ち悪いなー」と感じるようになりました。

最初は面倒になって続かないかもなっと思って「Habitify」という習慣化アプリを使って習慣化しようとしていましたが、やり始めてみると朝に舌磨きをしない方が気持ち悪くて、自然と継続できています。

感覚的には歯磨きをしないで出かけるのと同じような感覚ですかね。そのくらい口内が快適になるということなのだと思います。

銅製タングスレーパーで舌磨きした感想④|実際に舌磨きの効果がどのくらいあるかは不明

先ほど舌磨きの効果についてご紹介しましたが、実際に舌磨きをやってみた感想としては、舌磨きの効果がどのくらいあるのか分からないというのが本音です。笑

どの効果も自分では実感しにくい効果なので、正直なところどのくらいの効果が出ているのかは分かりかねるという結果に。。。

ただし、感想でお伝えしたとおり、舌磨きをすることで舌がキレイになった感覚を得ることが出来て、目も覚めるので、舌磨きをやること自体はすごくオススメです!

銅製タングスレーパーでアーユルヴェーダの舌磨きをして毎日を快適に!

今回は、『銅製タングスクレーパー|アーユルヴェーダの舌磨きで朝からデトックス』という形で「銅製タングスクレーパー」を使った舌磨きをご紹介しましたが、ポイントを以下にまとめておきます。

舌磨きの効果

・寝ている間に舌の上に現れた舌苔を取り除くことができる
・唾液の分泌がしやすくなり、消化力が向上する
・味覚も高まる
・口臭予防にもなる
・虫歯の予防にもなる
・舌の色がきれいになる

銅製タングスレーパーを使った舌磨きのやり方

①朝起きたら出来るだけすぐにやる
②銅製タングスレーパーの両端を手で持つ
③舌を「べー」っと出す
④銅製タングスレーパーのU字部分を使って舌の奥側から手前に向かって舌の汚れを優しく引き出す
⑤2〜3回くらい繰り返す
⑥やり終わったら口をゆすぐ
⑦出来れば舌磨きを終えてから白湯を飲む

銅製タングスレーパーで舌磨きした感想

①舌がキレイだと一日の始まりが快適!目覚めにも繋がる!
②銅製の部分の舌触りが気持ち良いし、手入れも簡単
③毎朝やらないと逆に気持ち悪い感じになり習慣化
④実際に舌磨きの効果がどのくらいあるかは不明

実際に舌磨きの効果がどこまであるのかはいまいち実感が出来ていないですが、毎朝に舌がキレイになって快適に過ごすことが出来るので非常にオススメです。
あと、身体に良い習慣を毎日やっているということで自分自身の気持ちも前向きになる気がするので、そういう意味でもオススメです。

ちなみに、毎日の習慣づくりをするためのアプリとしてHabitifyという習慣化アプリもオススメですのでご興味があればご覧ください。

Habitify|毎日の習慣を継続できるアプリ!おすすめポイントとレビュー
Habitify|毎日の習慣を継続できるアプリ!おすすめポイントとレビュー

続きを見る

最後までお読みくださりありがとうございます!

sappi夫の小部屋

-生産性向上・便利グッズ
-,

© 2020 sappiのブログ