マタニティグッズ

【妊娠線ケア】クラランス・ヴェレダの妊娠線予防アイテム比較!

2020年8月3日

妊娠線ケアアイテム

ブログに遊びに来て下さり、ありがとうございます。

今回は、妊娠線ができなかった経験をふまえて、妊娠中に愛用していた「クラランス ボディパートナー」と「ヴェレダ マザーズ ボディオイル」についてレビューをしていきたいと思います。

ちなみに、芸能人が愛用していた妊娠線ケアクリーム・オイルもまとめているのでご興味があればぜひご覧ください!

» 芸能人・有名人が愛用する妊娠線ケアクリーム・オイル まとめ

クラランス・ヴェレダの妊娠線予防アイテム比較|妊娠線とは?

妊婦になると、「妊娠線」ができてしまわないか気になりますよね。

妊娠線は「ストレッチマーク」ともいわれ、お腹が大きくなって皮膚が伸びることで、亀裂が入ってできる赤紫色の線のことです。

妊娠線ができてしまうと、産後も完全には消えてくれないとか💦

”大切な赤ちゃんを育てた証✨”と捉えることも素敵ですが、見た目的にはできれば妊娠線を作らずに過ごしたいと思っていた私(笑)

急激な体重増加に気をつけることはもちろん大切ですが、クリームなどのケアもできるだけ初期から始めた方が良いということで、私は妊娠が分かってすぐにケアを始めました!

その甲斐あってか、全く妊娠線を作らずに出産を終えることができました😊

そこで、今回は私が使用した妊娠線ケアアイテム「クラランス ボディパートナー」と「ヴェレダ マザーズ ボディオイル」の比較レビューをしていきたいと思います。

妊娠線ケアアイテム比較①クラランスボディパートナーの特徴・レビュー

クラランス・ボディパートナー

まず、私が妊娠初期から使い初めた妊娠線ケアアイテムが「クラランス ボディパートナー」です。

公式サイトより引用

クラランス ボディパートナー

\公式サイトでキャンペーン中/

公式サイトで見る

 

植物保湿成分のグリーンバナナツボクサからできている、高保湿のクリームです。

妊娠して色々調べる上で知ったのですが、クラランスはマタニティケアアイテムがとても充実していますね。

妊娠初期はあまり外出もできなかったので、公式オンライン限定の「クラランス マタニティキット 」というのを購入してみましたが、結論からいうとこのキットがとても良かったです!!😊

マタニティキットは、妊娠線ケアクリームである「ボディパートナー(現品)」が含まれている豪華なマタニティ用セットです。

クリームの他には、ミニサイズのボディスクラブ、ボディオイル、フット用乳液、ノベルティが付いていました。

妊娠中は脚のむくみも気になっていたので、フット用乳液などでむくみケアをできるのも大きな魅力なんですよね。

それでは、「ボディパートナー」の特徴についてお伝えしていきます。

クラランスボディパートナーの特徴①|ベタつかないのに保湿力が高い

ボディパートナーは、テクスチャーとしては本当にシンプルで良質なクリームといった印象を受けました。

さらっと馴染むので、保湿力はどうかな?と思っていましたが、時間が経ってもお肌が潤っている感じがして保湿力は高いと感じました!

ベタつかないのに保湿力があるのは嬉しいポイントですよね。

クラランスボディパートナーの特徴②|ポンプ式のエアレスチューブで衛生的

クラランス・ボディパートナー

クラランスのボディパートナーは、清潔面を考慮してポンプ式のエアレスチューブになっています。

つまり、中のクリームが酸化しづらい状態になっているんですよね。

妊娠中に使用するものなので、できるだけ良い状態で最後まで使えるのはメリットです。

クラランスボディパートナーの特徴③|無香料で妊娠中でも使いやすい

ボディパートナーは香りが無く無香料です。

妊娠中はつわりだったり、香りに敏感になっていたり、人によって色々ですよね。

無香料ということで、どんな方でも使いやすいのではないかと思います。

クラランスボディパートナーの特徴④|価格は少しお高め

ボディパートナーはとても使いやすく使い心地も良いですが、欠点としてはお値段がちょっとお高めということでしょうか。

ただ、妊娠中は体調やメンタルも何かと不調が多いので、少しでも気分の上がるアイテムを取り入れるのは自分としては大事でした(笑)

クラランスボディパートナーの特徴⑤|ポンプから出てくるクリームの量が少なめ

もう一点だけ気になる点をあげるとしたら、ポンプから出てくるクリームの量が少量だということ!笑

エアレスポンプで中のクリームがフレッシュな状態で保たれるのは良いのですが、一度に出てくるクリームの量が少量なので、たくさんプッシュしないといけません(笑)

ケアにあまり時間をかけたくないという方にはデメリットかもしれません😅

妊娠線ケアアイテム比較②ヴェレダ マザーズボディオイルの特徴・レビュー

マザーズボディオイル

次は、ヴェレダ「マザーズ ボディオイル」の特徴やレビューをお伝えしていきます。

こちらのオイルは言わずとしれた有名なオイルで、妊娠線ケアを調べていると必ずといっていいほど目にするオイルですよね。

アーモンド油やホホバ種子油からできているオーガニックコスメです。

 

まず、クラランスを使用していたのになぜこちらを購入してみようと思ったかというと、単純に有名コスメなので使ってみたかったことと(笑)、広範囲でも塗りやすいオイルを使用してみようかなと思ったからです。

ヴェレダ マザーズボディオイルの特徴①|オイルなので伸びが良く、大きいお腹にも塗りやすい

ヴェレダ マザーズボディオイルは、100%自然由来成分のオイルです。

オイルなので保湿力が高いのはもちろんのこと、スルスルと伸びがよく、大きくなってきたお腹にも塗りやすいアイテムです!

比較的さらっとしたオイルではありますが、多少のベタつきはあるので、さらっとしたテクスチャーが好きな方には向かないかもしれません。

ヴェレダ マザーズボディオイルの特徴②|助産師・薬剤師さんの声をもとに開発された製品である

マザーズボディオイルは妊娠線ケア製品の中でも人気のあるアイテムですが、ドイツの助産師さん・薬剤師さんの声をもとに開発された製品なのだそう。

妊婦について詳しい医療スタッフの方の声をもとにつくられているというのは、なんだか安心感がありますよね。

ヴェレダ マザーズボディオイルの特徴③|リラックスできるフローラルの香り

マザーズボディオイルの香りは、爽やかでリラックスできるフローラルの香りがします。

ただこれは、香りに敏感になっている方にはデメリットとなる可能性もありますね。

香りとしては強いことはなく、優しい香りです。

ヴェレダ マザーズボディオイルの特徴④|比較的お手頃な値段

マザーズボディオイルは、お値段としては手が出しやすいお値段です。

たっぷりと塗ってあげるのには、コスパが良いのは嬉しいですよね。

【妊娠線ケア】クラランスとヴェレダの妊娠線予防アイテム比較まとめ

今回は、「クラランス ボディパートナー」と「ヴェレダ マザーズ ボディオイル」についてそれぞれレビューしてきましたが、改めてまとめておきます。

クラランス ボディパートナーの特徴

①ベタつかないのに保湿力が高い
②ポンプ式のエアレスチューブで衛生的
③無香料で妊娠中でも使いやすい
④価格は少しお高め
⑤ポンプから出てくるクリームの量が少なめ

ヴェレダ マザーズボディオイルの特徴

①オイルなので伸びが良く、大きいお腹にも塗りやすい
②助産師・薬剤師さんの声をもとに開発された製品である
③リラックスできるフローラルの香り
④比較的お手頃な値段

それぞれタイプの違うケアアイテムでそれぞれ良さがありますが、無香料でべたつかない使い心地が好きであれば「クラランス ボディパートナー」、香りに癒やされたくて、伸びの良いオイルタイプが好きであれば「ヴェレダ マザーズ ボディオイル」が合うのではないでしょうか。

ちなみに私は最終的にクラランスの方をメインで使いましたが、妊娠線を作らずに済んだのでとても満足しています😊

公式オンライン限定の「クラランス マタニティキット」がとても良かったのでおすすめです✨

最後までお読みくださり、ありがとうございます🍀

-マタニティグッズ