暮らしの充実

【保存版】マリアージュフレール店員さん直伝・紅茶の美味しい淹れ方

2019年9月5日

前回の記事で、【マリアージュフレールの紅茶】大人女子が好きなおすすめ茶葉4選という記事をUPし、

一番人気の茶葉はこちらの「マルコポーロ」ということを書きましたが、


今度は美味しい淹れ方についてです!

紅茶を美味しく淹れるというと、「あらかじめカップを温めておく」くらいの知識量しかなかった私だったのですが(笑)

マリアージュフレールの知識豊富な店員さんに詳しく説明して頂いてから、紅茶は淹れ方によって美味しさが格段にUPすることを実感し、ポイントに沿って淹れるようになりました♡

【保存版】マリアージュフレール店員さん直伝・紅茶の美味しい淹れ方

美味しく紅茶を淹れるポイントは以下の点です。

美味しく紅茶を淹れるポイント

▪きちんと茶具やカップを温めること
▪茶葉を蒸らすこと
▪お湯200mlに対して茶葉2.5g
▪お湯の温度は95℃くらい

美味しく淹れるためのグッズとして、マリアージュフレールでは布製の茶葉フィルターを購入。

600円くらいだったと記憶しています。

美味しい紅茶の淹れ方手順

店員さんに教わった淹れ方を、順に記載していきます。

①お湯がポコポコしてくるくらいに、たっぷりの湯を沸騰させる(これで100℃くらい。長く沸騰させるのは厳禁)

②ポットに布製フィルターをセットして、お湯を通してポットとフィルターを温める(温めた後のお湯は捨てる)。

ここくらいでティーカップも同時にあたためておきます。

③ティーポットのお湯を捨てた後、温かい蒸気が残るポット内に茶葉(2.5g×人数分)加えて蓋をし、3分ほど蒸らす。

サウナの中に茶葉を閉じ込めるイメージ。

この蒸らしがとても重要で、これをすることにより旨味や香りがぐっとUPするそうです。

一度使った後なので、既にフィルターが着色していてすみません・・(笑)

※フィルターは紅茶の色で着色していきますが、お手入れでは洗剤は使わず、水洗いし吊るして乾燥させます

④3分蒸らしたら、100℃に沸騰させたお湯がちょうど紅茶抽出の適温(95℃くらい)に下がっているはずなので、それを200ml×人数分注いで蓋をし、3分ほど待つ。

⑤時間になったら一度フィルターごと茶葉を抜き、ポタポタ垂れる紅茶は最後の一滴まで捨てずにポットの中へ。

そして、テイスティング

薄い場合はフィルターをポットに戻して数秒待ち、ちょうど良い濃さに調整します。

温めておいたティーカップに紅茶を注ぎ、完成です!(あれ?完成の写真撮り忘れている笑)

ちなみに、知識の少ない私が唯一知っていた「ジャンピング」(茶葉を踊らせるやつ)は、担当して下さった定員さんは不要と仰っていました。

きっと、茶道などに色々な流派があるように、紅茶の淹れ方も色々あるのでしょうね。

ティーポットは長く使うものだからと少し奮発して、早川シルバーのものを購入して愛用しています。

シルバーは定期的に磨かないと変色してしまうのですが、こちらの早川シルバーは変色しない加工がしてあるのでお手入れも楽ですし、どんなティーカップとも合うので重宝しています。

※使って洗った後は柔らかい布で、しっかり水気を拭き取ることが必要です。

ちなみにマリアージュフレールでも素敵なポットやカップの取り扱いがあるので、店舗を覗いてみるのも楽しいです😊

ティーポットちょっと面倒だなぁという方も安心なティーパックタイプもありますよ♡

先日父に会ったときに、なぜかプレゼントしてくれました(笑)

朝時間が無いときや、一人でお茶するときなどにはこちらを利用しています♡

以上、私が学んできたマリアージュフレールの紅茶についてでした!

最後までお読みくださり、ありがとうございます☘

sappiのブログ

-暮らしの充実
-

© 2020 sappiのブログ