竹脇まりなさん

「低糖質チーズトッポギ」のレシピ|竹脇まりなさんオススメのダイエット韓国料理!

「低糖質チーズトッポギ」のレシピ|竹脇まりなさんオススメのダイエットレシピ!

ブログに遊びに来てくださりありがとうございます。

今回は、宅トレYoutuberの竹脇まりなさんが『ダイエット韓国料理「低糖質チーズトッポギ」の作り方』を紹介していたのでまとめてみました😋

簡単に作れるダイエット向けの韓国料理で、身体にもすごく良いのでおすすめです✨

宅トレYoutuber “竹脇まりなさん”とは?

宅トレYoutuber“竹脇まりなさん”とは?

Instagramより引用

竹脇まりなさん(@takemari1219)は、宅トレの動画をメインで配信している人気Youtuberです。

自粛期間中に家で運動したいと思って動画を探したら、竹脇まりなさんのHANDCLAPの動画を見つけて宅トレをしたのがきっかけで知りました。

いつも笑顔でパワフルなまりなさんから元気をもらえるので他の動画も楽しく見させてもらっています😊

ちなみに、竹脇まりなさん愛用のプロテインやサプリメント・健康食品を別の記事でまとめているので気になる方はご覧ください✨

≫ 竹脇まりなさん愛用プロテイン・サプリメント・健康食品 まとめ

また、2021年上半期の最新版の竹脇まりなさんの買ってよかったものもまとめているので、ご興味あればこちらもご覧ください!

≫ 竹脇まりなさんオススメ|2021年上半期買ってよかったダイエット・トレーニング商品 まとめ

≫ 竹脇まりなさんオススメ|2021年上半期マジで買ってよかったものBEST6【生活用品編】まとめ

「低糖質チーズトッポギ」のレシピ|竹脇まりなさんオススメのダイエット韓国料理!

そんな竹脇まりなさんが「【神レシピ】低糖質チーズトッポギが美味しすぎて沼です!!!~ダイエットレシピ~」という動画を公開していました!

「低糖質チーズトッポギ」のレシピ|竹脇まりなさんオススメの神ダイエットレシピ!

Youtubeより引用

簡単に作れるダイエット韓国レシピで美味しそうでした😊

マッスルグリルのシャイニー薊さんが紹介していた“マグマ”を、たけまりさん風にアレンジした「女のマグマ」も美味しいのでオススメです✨

≫ 『女のマグマ』のレシピ|竹脇まりなさんオススメの美味しい低糖質レシピ『女のマグマ』の作り方!

「低糖質チーズトッポギ」のレシピ|竹脇まりなさんおすすめダイエット韓国料理の作り方

まずは「「低糖質チーズトッポギ」」に必要な材料と作り方をご紹介します。

「「低糖質チーズトッポギ」」に必要な材料

「「低糖質チーズトッポギ」」の材料

<トッポギ>
・絹ごし豆腐:175g
・おからパウダー:30g
・サイリウム:小さじ1
<具材>
・鶏むね肉:150g(皮を省いて一口大に切っておく)
・きのこ類(エリンギ):お好み
・スライスチーズ:3枚程度
<合わせ調味料>
・水:大さじ3
・コチュジャン:大さじ3
・醤油:小さじ2
・酒:小さじ2
・ラカントS:大さじ1.5
・おろしにんにく:少々
<その他>
・ごま油:大さじ1/2

ラカントSを使うことで甘みを出せるのでオススメなんだとか✨

「「低糖質チーズトッポギ」」の作り方

「「低糖質チーズトッポギ」」の作り方

①ボールに絹ごし豆腐・おからパウダー・サイリウムを入れて混ぜる
②ポロポロと固まってきたら手で捏ねる
③ラップの上で、厚さ1cmくらいになるように伸ばす(ラップを被せて手で伸ばしてOK)
④ラップをふんわり被せて、電子レンジで2分ほど加熱する
⑤加熱している間に、きのこを好きな大きさに切る
⑥加熱したトッポギを好きな大きさに切る
⑦フライパンを熱して、ごま油を入れて、鶏むね肉を炒める
⑧鶏肉の色が変わってきたら、きのこも入れて炒める
⑨水・コチュジャン・醤油・酒・ラカント・おろしにんにくを混ぜて合わせ調味料を用意する
⑩具材に火が通ったら、合わせ調味料を入れてなじませる
⑪準備したトッポギを入れて煮詰める
⑫良い感じに食材に染み込んだら、チーズを上に乗せていく
⑬蓋をしてチーズをとろけさせたら完成!

おからでトッポギを作り、ラカントSを入れることで罪悪感なく作れるのでオススメです!

ラカントから発売の「低糖質スイートアーモンド」もオススメ!

竹脇まりなさんが愛用しているラカントの販売元であるサラヤから発売されている「低糖質スイートアーモンド」もオススメしていました😊

低糖質ナッツシリーズはお気に入りで、口寂しくなった時に良いそうです✨

こちらのアーモンドはラカントがまぶされていて、ほんのり甘い感じが美味しいのだとか💡

また、小分けになっているので食べすぎないで済むのも嬉しいポイントだそうです!

料理が面倒な時や間食に、竹脇まりなさん愛用の“ULTORA ホエイダイエットプロテイン”がオススメ!

竹脇まりなさんが小腹が空いた時や運動後の栄養補給に愛用しているのが「ULTORA ホエイダイエットプロテイン」です。

水だけでも美味しくてすっごい飲みやすいのだとか😋

プロテインをご褒美と思えるような美味しさなのでオススメなのだそうです!

「毎日飲むものだからこそ、プロテインの味は大事!」と言っていました✨

また、溶けやすいし、人工甘味料が不使用で体にも良いし、タンパク質量も多いのもGoodポイントなんだとか💡

\ ULTORAの購入は最安値の公式サイトがお得! /

ULTORA公式サイトを見る

ちなみに、ULTORA ホエイダイエットプロテインは個人的にも愛用していますが、本当に飲みやすくてプロテインが苦手な人にもオススメです!

≫ ULTORA ホエイダイエットプロテイン|飲んでみた感想をレビュー!プロテイン初心者にオススメ!

また、竹脇まりなさんが愛用している健康食品やサプリメント・プロテインを別の記事でまとめているのでご興味あればご覧ください!

≫ 竹脇まりなさん愛用プロテイン・サプリメント・健康食品 まとめ 〜ダイエッター必見!!〜

ダイエット中の主食には竹脇まりなさん愛用の“FANCL 発芽米”がオススメ!

たけまりさんは健康維持をするためには一番最初に食生活で変えるべきは「主食」だと言っていて、『FANCLの発芽米』を愛用しているそうです!

FANCLの特許製法でつくられた発芽米は、食物繊維が白米の5倍・GI値が低い・栄養素も豊富・ふっくら美味しいので大好きなんだとか✨

今なら通常の“1.5倍増量”“たったの780円”でお試しセットが購入できるキャンペーン中です!

しかも、1回きりのお試しOK送料無料+返品保証ありで安心なのでオススメです😋

<<【今だけたったの780円+1.5倍増量!】竹脇まりなさん愛用のFANCL 発芽米 特別キャンペーン  >>

ちなみに、FANCLの発芽米に関してもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

≫ 竹脇まりなさん愛用|FANCLの発芽米がダイエットにおすすめ!特徴やレビューも紹介!

竹脇まりなさんオススメの「低糖質チーズトッポギ」のレシピで食事管理を!

今回は『「低糖質チーズトッポギ」のレシピ|竹脇まりなさんオススメのダイエット韓国料理!』という形でご紹介しましたが、改めてポイントをまとめておきます。

「「低糖質チーズトッポギ」」の材料

<トッポギ>
・絹ごし豆腐:175g
・おからパウダー:30g
・サイリウム:小さじ1
<具材>
・鶏むね肉:150g(皮を省いて一口大に切っておく)
・きのこ類(エリンギ):お好み
・スライスチーズ:3枚程度
<合わせ調味料>
・水:大さじ3
・コチュジャン:大さじ3
・醤油:小さじ2
・酒:小さじ2
・ラカントS:大さじ1.5
・おろしにんにく:少々
<その他>
・ごま油:大さじ1/2

「「低糖質チーズトッポギ」」の作り方

①ボールに絹ごし豆腐・おからパウダー・サイリウムを入れて混ぜる
②ポロポロと固まってきたら手で捏ねる
③ラップの上で、厚さ1cmくらいになるように伸ばす(ラップを被せて手で伸ばしてOK)
④ラップをふんわり被せて、電子レンジで2分ほど加熱する
⑤加熱している間に、きのこを好きな大きさに切る
⑥加熱したトッポギを好きな大きさに切る
⑦フライパンを熱して、ごま油を入れて、鶏むね肉を炒める
⑧鶏肉の色が変わってきたら、きのこも入れて炒める
⑨水・コチュジャン・醤油・酒・ラカント・おろしにんにくを混ぜて合わせ調味料を用意する
⑩具材に火が通ったら、合わせ調味料を入れてなじませる
⑪準備したトッポギを入れて煮詰める
⑫良い感じに食材に染み込んだら、チーズを上に乗せていく
⑬蓋をしてチーズをとろけさせたら完成!

運動も大事ですが、食事もすごく大事ですよね。

簡単に作ることが出来て、美味しく食べることが出来る「低糖質チーズトッポギ」はオススメなのでぜひ作ってみてください😊

ちなみに、竹脇まりなさん愛用のプロテインやサプリメント・健康食品を別の記事でまとめているので気になる方はご覧ください✨

≫ 竹脇まりなさん愛用プロテイン・サプリメント・健康食品 まとめ

また、自炊する時間が無いときは、竹脇まりなさんもオススメしている低糖質宅配弁当「nosh(ナッシュ)」もレンジで温めるだけで食べられるので便利です✨

≫ nosh(ナッシュ)のメリット・デメリット|竹脇まりなさんオススメ!低糖質で美味しい冷凍宅食サービス!

 

竹脇まりなさんのおすすめレシピや愛用品を紹介した記事一覧はこちら

↓↓↓↓↓↓

竹脇まりなさん のおすすめまとめ

最後までお読みくださりありがとうございます!

-竹脇まりなさん
-, ,

© 2021 sappiのブログ